MSCクルーズ「ヨットクラブ」客室がすごい!と言われる3つの理由

MSCクルーズ「ヨットクラブ」客室がすごい!と言われる3つの理由

最終更新日: 2022-01-13

MSCクルーズのスイートである「MSCヨットクラブ」。一般の客室と一線を画す、センスのよいデザインが評判です。MSCヨットクラブの客室がすごいと言われる3つの理由を徹底解説いたします!

1. 「MSCヨットクラブ」とは?

みなさんは「MSCヨットクラブ」という名前を聞いたことがありますか?

クルーズに行かれたことのある方や、MSCクルーズに興味がある方の中には、聞いたことがあるよ!という方もいらっしゃるかもしれませんね。

1-1. 「MSCヨットクラブ」= MSCクルーズの「スイート客室」

「MSCヨットクラブ」とは、MSCクルーズの客室カテゴリーのうち、スイート客室の名称。 (スイート客室でも、エクスペリエンスが「MSCヨットクラブ」とは異なる「アウレア」もあるのでご注意ください。)

スイート客室と聞くと、ただただ豪華な客室設備を想像してしまいますが、MSCヨットクラブを利用すると、快適な客室で過ごせるということの他にも、特別に受けられる限定サービスもたくさんあるのです!

知られざるMSCヨットクラブの情報をたーっぷりお届け致します。

オーナーズ・スイート/MSCシーショア

1-2. 「MSCヨットクラブ」が備わっている客船

MSCクルーズが2021年までに就航している客船の中で、MSCヨットクラブを搭載している客船をクラスごとにご紹介。

ファンタジアクラス

(137,936〜139,072トン級)

  • MSCファンタジア(2008年就航)
  • MSCスプレンディダ(2009年就航)
  • MSCディビーナ(2012年就航)
  • MSCプレチオーサ(2013年就航) 

MSCファンタジア

メラビリアクラス

(167,600〜181,541トン級)

  • MSCメラビリア(2017年就航)
  • MSCベリッシマ (2019年就航)
  • MSCグランディオーサ(2019年就航)
  • MSCビルトゥオーサ(2021年就航)

MSCメラビリア

シーサイドクラス

(153,316〜169,500トン級)

  • MSCシーサイド(2017年就航)
  • MSCシービュー(2018年就航)
  • MSCシーショア(2021年就航)

MSCシーサイド

2. 〈理由その1〉.客室が一流で種類も豊富!

MSCヨットクラブの客室はスイートだけあり、客室が一般の客室と比べて特別仕様。 さて、どんな点が特別なのか?見ていきましょう!

2-1. 一流の設計事務所によるデザインの客室

これまでも、有名な客船を数多く手がけてきた、「デ・ヨーリオデザインインターナショナル」(De Jorio Design International)によるデザインとなっており、快適さとスタイリッシュさを兼ね備えた空間の中で過ごすことが出来ます。

2-2. メゾネット式の2階建て客室も

MSCヨットクラブには基本的に、「ロイヤル・スイート」「デラックス・スイート」「インテリア・スイート」があります。

MSCファンタジアには「エグゼクティブ&ファミリースイート」という展望窓付きのスイートが搭載されています。

MSCシーショア、MSCビルトゥオーサ、MSCグランディオーサ、MSCベリッシマ、MSCメラビリアにはこの他に「デュープレックス・スイート」というジャグジーバスとダイニング付きのメゾネット式スイートが搭載されています。

他に、MSCシーショア、MSCワールド・エウローパには「オーナーズ・スイート」が搭載されています。

〈代表的なスイート客室〉

ロイヤルスイート

MSCビルトゥオーサの例

デラックススイート

MSCシーサイドの例

インテリアスイート

(MSCシーサイド、MSCシービュー、MSCメラビリア、MSCベリッシマに搭載)

MSCシービューの例

〈展望窓付きのスイート客室〉

エグゼクティブ&ファミリースイート

MSCファンタジアの例

〈メゾネット式のスイート客室〉

デュープレックス・スイート

MSCメラビリアの例

〈最新客船のスイート客室〉

オーナーズ・スイート

MSCワールド・エウローパの例

※客船MSCワールド・エウローパは2022年に就航予定。

※客室の展開は客船によって異なります。客室の種類は上記の限りではありません。ご予約時の確認が必要です。

※客室によって、料金が異なります。ご予約時の確認が必要です。

3. 〈理由その2〉こだわりの寝具と客室備品

MSCヨットクラブの客室設備や備品は、通常の客室と一線を画した特別なものとなっています。 どんな設備や備品なのでしょうか?

3-1. ピロー・チョイス・サービス

MSCヨットクラブのゲストには最高の睡眠を、というMSCクルーズのこだわりが詰まっているのが「お好きな枕をチョイス出来る」というサービス。

好みの枕で安眠を

ヨットクラブのゲスト限定で、数種類の枕コレクションの中から自分にぴったりの枕をチョイス出来るのです。

3-2. エジプト綿製のシーツ

世界最高の綿として評判の「エジプト綿」。 MSCヨットクラブの寝具には、そんな柔らかくて上質なエジプト綿のシーツが使用されます。

3-3. 形状記憶マットレス

さらにMSCヨットクラブはマットレスにまでこだわりが。 人間工学に基づく形状記憶マットレスを採用しています。

上質な客室で最高の睡眠を取ることが出来るのがMSCヨットクラブです。

3-4. 客室装備と○○放題のものとは?

寝具の他に、MSCヨットクラブ客室には下記のものが基本的に標準装備となっています。

  • 無料ミニバー ※
  • 無料のおつまみ
  • 24時間ルームサービス
  • ワイドスクリーンTV
  • ヘアドライヤー
  • バスローブ
  • スリッパ
  • エアコン
  • セーフティボックス
  • 電話
  • プレミアムインターネットパッケージ

快適な寝具にうっとり

好みの新聞のデリバリーもしてくれる

ミニバーは飲み放題!

中でも注目なのが ※「無料ミニバー」のサービス。 客室内に備え付けのミニバーのドリンク(アルコール含む)は無料でお召し上がりいただけます。 そして、随時補充してもらえるので飲み放題です!

ルームサービスでプライベートにお食事を

4. 〈理由その3〉24時間バトラーサービスでお気に召すまま

MSCヨットクラブには、先にご紹介した客室サービスの他に、もう一つ重要なサービスが。 それは「24時間バトラーサービス」です。

部屋に専用のバトラーが付き、乗船から下船まですべてをエスコートしてくれますよ。

〈乗船から下船までの、バトラーサービスの例〉

4-1. 乗船時

  • 港にお迎え、MSCヨットクラブ専用乗船口から優先チェックイン

もちろん荷物も部屋に運んでもらえます

4-2. 客室、船内で

  • 荷ほどきのお手伝い
  • 24時間ミニバーのサービス
  • 新聞のデリバリー
  • ルームサービスの手配
  • エクスカーションの手配
  • スパの手配
  • レストランへのエスコート   

荷ほどきのお手伝いは旅先ではとても助かります

4-3. 寄港時

  • バトラーのエスコートによる優先下船

4-4. 下船時

  • 荷造りのお手伝い
  • バトラーのエスコートによる優先下船

以上がMSCヨットクラブについてくるバトラーサービスの例です。

乗船から下船までの全ての場面において、ゲストが心地よく過ごせるようにエスコートをしてくれるバトラーがいれば、旅行の満足度も格段にあがりそうです。

ヨットクラブゲスト専用コンシェルジュデスクもありますので、上手に利用したいですね。

5. まとめ

MSCクルーズのスイート客室である「MSCヨットクラブ」の客室がすごい!と言われる3つの理由をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

MSCヨットクラブが一般の客室と一線を画した客室デザインだというのはもちろんのこと、マットレスや枕のチョイスサービスなど、睡眠時までゲストが快適に過ごせるようにと心を砕いていることが分かりました。

24時間対応のバトラーサービスも、MSCヨットクラブでのクルーズ体験を特別なものとするのに一役買いそうです。

MSCヨットクラブを一度味わうと、それ以外の客室には宿泊出来なくなるほどの快適さを感じられますよ。

>>関連記事:MSCヨットクラブのゲストのみに許される!VIP体験とは?